徳島県立板野支援学校
〒779-0105
徳島県板野郡板野町大寺字大向北1-2
TEL 088-672-3456  FAX 088-672-5610
E-Mail itano_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
★速報★   休校等の緊急連絡はこちらに表示されます。
 
自立活動トピックス
自立活動課より
12345
2018/08/31

H30年度職員研修

| by:自立活動課
新年度が始まり、言語聴覚士(鴨島病院)の中内洋介先生をお招きし、新転入者研修を兼ねたST研修を実施しました。
「誤嚥と窒息のリスク管理」に関する内容で、実技を含めた講義をしていただきました。
  
14:15
2017/09/14

職員研修

| by:自立活動課
7月31日(月),本校社会人講師である作業療法士,江本純造先生による職員研修が行われました。「不器用なお子さんへの支援」をテーマに講義していただきました。様々な支援ツールや教材,アイデアを紹介していただきました。教えていただいたことを実践に生かしていきたいです。
研修の様子
11:40
2017/09/04

平成29年度 整形主治医検診

| by:自立活動課

平成29年度の整形主治医検診を,6月13日(水)に実施しました。
 今年度も昨年に引き続き,徳島赤十字ひのみね総合療育センターの阿部秀吉先生にお越しいただき,自立活動の「運動・動作1」(身体の動き)を学習している小学部16名,中学部18名,高等部15名のあわせて49名の児童生徒が検診を受けました。また,保護者の方々9名にもご参加いただくことができ,身体の状態及び,学校での指導内容や方法を一緒に診ていただくことができました。

背中のゆるめ FBを使用してのゆるめ

 背中の筋肉のゆるめ         FBを使った体幹のゆるめ
側臥位でのゆるめ
 側臥位での体幹のゆるめ      
 
 阿部先生,お忙しいところありがとうございました。
18:57
2017/06/23

職員研修

| by:自立活動課
 5月1日(月),本校の社会人講師である理学療法士,田村英司先生による研修会が行われました。「身体の仕組みから動きを支援する方法へ」というテーマで講義をしていただき,実践を交えながらの研修となりました。
 関節の模型での説明の様子  支援の見本を示している様子
  模型等を提示しての説明       関節の動かし方の師範
 
 教職員同士で互いに体に触れながら,動かす感覚,動かされる感覚などを体験し,安全性や有効性などを確かめることができました。
 上体のストレッチをやっている様子  ペアを組んで練習をしている様子
  上体のストレッチ          ペアを組んで練習

 短い時間ではありましたが,とても有意義な研修となりました。学んだことをいかし,児童生徒のニーズに応じた支援ができるよう努めていきたいと思います。
16:09
2016/08/17

職員研修

| by:自立活動課
 
 5月2日(月),本校の教職員を対象に自立活動の指導について研修を行いました。講師は本校の社会人講師で鴨島病院の理学療法士である田村英司先生。研修のタイトルは「身体の仕組みから動きを支援する方法へ~ストレッチ(筋伸張運動)を中心に~」でした。
 まずは,骨模型を使って関節の仕組みについて説明を受けた後,自分の身体の関節を確かめたり,二人一組になって触れたり弛めたりする実技演習を行いました。
骨模型足関節

 二人一組で肩甲骨に触れてみました。
肩甲骨
 ジャックナイフストレッチをやってみました。
ジャックナイフストレッチ
 足関節のストレッチをやってみました。
足関節のストレッチ

 指先の力や手のひらの温かさを感じながら,関節の仕組みや動きを知ることができ,教職員一人一人が安全な指導の大切さを実感することができました。
11:44
2016/08/16

職員研修

| by:自立活動課
 4月18日(月),「誤嚥と窒息のリスク管理について」という演題で鴨島病院の言語聴覚士,佐藤佳孝先生による研修会がありました。スライドを見ながらお話を聞いたり,教員同士がスプーンを使ってお互いに水分を飲ませたりしながら,実践的に学ぶことができました。学んだことを参考にしながら安全に気をつけて食事指導等に取り組みたいと思います。

研修会の様子
16:06
2016/07/13

平成28年度 整形主治医検診について

| by:自立活動課
平成28年度の整形主治医検診を,6月15日(水)に実施しました。
 今年度も昨年に引き続き,徳島赤十字ひのみね総合療育センターの阿部秀吉先生にお越しいただき,自立活動の「運動・動作1」(身体の動き)を学習している小学部15名,中学部16名,高等部19名のあわせて50名の児童生徒が検診を受けました。また,保護者の方々14名にもご参加いただくことができ,身体の状態及び,学校での指導内容や方法を一緒に診ていただくことができました。

 小学部では,体幹装具についてご助言いただいたり(写真①),SRC歩行器を使った立位訓練についてご指導をいただいたり(写真②),歩行についてご指導いただいたり(写真③),短下肢装具の着脱についてご助言いただきました(写真④)。

 写真① 写真② 写真③ 
                       写真①                              写真②                               写真③


    写真④
       写真④  

 中学部では,巧技台での座位保持を診ていただいたり(写真⑤),膝を伸ばす運動についてご指導いただいたり(写真⑥),歩行について診ていただきました(写真⑦)。

 写真⑤ 写真⑥ 写真⑦
       写真⑤                                      写真⑥                           写真⑦


 高等部では,手術をした部位の対応についてご助言をいただいたり(写真⑧),SRC歩行器での立位の取り方についてご指導をいただきました(写真⑨)。

 写真⑧ 写真⑨
       写真⑧                                     写真⑨


 長時間の検診にもかかわらず,阿部先生には児童生徒一人一人を丁寧に診ていただき,的確なご指導・ご助言をいただきました。今後の「運動・動作1」の学習や日常の生活に参考になるご意見を沢山いただくことができました。
 阿部先生にはご多用とは存じますが,来年も引き続き検診をよろしくお願いいたします。
13:48
2015/08/25

平成27年度 整形主治医検診について

| by:自立活動課

 平成27年度の整形主治医検診を,6月19日(金)に実施しました。
 今年度も昨年に引き続き,徳島赤十字ひのみね総合療育センターの阿部秀吉先生にお越しいただき,自立活動の「運動・動作1」(身体の動き)を学習している小学部16名,中学部14名,高等部21名のあわせて51名の児童生徒が検診を受けました。また,保護者の方々にもご参加いただくことができ,身体の状態及び,学校での指導内容や方法を一緒に診ていただくことができました。

 小学部では,巧技台の昇降を見ていただいたり(写真①),関節の運動方法などについてご指導をいただきました(写真②③)。

  巧技台の昇降を診ていただいている様子  写真②  写真③
         写真①                 写真②                    写真③

  

 中学部では,ストレッチについて見ていただいたり(写真④),体幹をゆるめる運動方法などについてご指導をいただきました(写真⑤)。

  
  ストレッチについて診ていただいている場面  体幹を弛める方法についてご指導いただいている場面
           写真④                     写真⑤


 高等部では,体幹装具について新しく作り直すようご助言いただいたり(写真⑥),側臥位で中殿筋をきたえる方法をお教えいただいたり(写真⑦),平行棒内歩行で足がクロスしないよう中央板を置いているのは有効だというお言葉をいただいたり(写真⑧),立位保持にSRC歩行器を利用する方法(写真⑨)などについてご指導をいただきました。

  体幹装具を診ていただいている場面  筋力をつける運動をご指導いただいている場面 
           写真⑥                    写真⑦

  平行棒内歩行を診ていただいている場面  歩行器による立位保持をご指導いただいている場面 
           写真⑧                    写真⑨


 9時から15時まで長時間にわたる検診でしたが,阿部先生には熱心に児童生徒を診てご指導をいただき,今後の「運動・動作1」の学習や日常の生活に参考になるご意見を沢山いただくことができました。
 阿部先生にはお忙しいことと思いますが,来年も引き続きよろしくお願いいたします。
 


15:18
2015/08/20

社会人講師(江本OT)による研修会を行いました

| by:自立活動課
8月20日(木),本校の外部講師である,作業療法士の江本先生による研修を行いました。
「子どもへの作業療法場面での取り組み」というテーマで,江本先生が日常取り組まれている実践の様子などを紹介していただきました。
みんなが座って話を聞いている様子
本校から,先生の所へ訓練を受けに行っている児童への実践を,写真を交えて紹介してくださいました。

手指の動きを引き出す教材の写真 おはしの練習などに用いる教材の写真
さまざまな手指の動きを引き出す教材を紹介してくださいました。

ずれない下敷きやなどの福祉用具の写真
学習に用いる道具の工夫例を紹介いただきました。
研修後の質疑応答の様子
紹介していただいた事例について,研修会終了後も担任の教員から質問があり,丁寧に教えていただきました。
16:12
2015/05/22

社会人講師(佐藤ST)による研修会をしました。

| by:自立活動課
4月20日(月)に,本校の社会人講師である佐藤佳孝先生を講師として校内研修を行いました。
テーマは「誤嚥と窒息のリスク管理」とし,本校に新しく赴任された先生や,食事に関する指導を担当している教職員が受講しました。

『誤嚥とはどういう状態か』
『窒息とはどういう状態か』
など,資料や映像をもとにお話しいただきました。
研修の様子
さらに,万が一のときにはどのように対応するのかについてご示唆いただきました。
背たたき法の紹介
また,食事を介助する際に気を付けたいことを2人一組になり実技を通して体験しました。
コップのみの実技
相手が飲みやすい介助の方法は?
スプーンのみの実技
「飲みやすいかな?」

研修を通して「安心・安全な食事」について再認識しました。
これからも,日々,児童生徒のために教職員一同,心がけていきたいと思います。
16:54
12345