徳島県立板野支援学校
〒779-0105
徳島県板野郡板野町大寺字大向北1-2
TEL 088-672-3456  FAX 088-672-5610
E-Mail itano_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
臨時休校等のお知らせは、この欄に掲載します。
 
自立活動トピックス
自立活動課より >> 記事詳細

2011/10/03

自立活動 P.C.W.での歩行学習

| by:自立活動課

Yさんは,肢体不自由のある小3の女の子です。
全般的に筋緊張が低いため,姿勢よく椅子に座っていることは苦手で,
自由時間には床でくつろいでいることが多いです。

また,足関節が固く,立位保持のためには短下肢装具を履く必要がありますが,
P.C.W.を用いれば,一人で移動することができます。

スロープをしっかり上っているYさんです「よいしょ,よいしょ。」足下を確認して歩いています。

一人で移動することができれば,生活範囲が広がり自立心も芽生えます。

先日,Yさんは先生の見守りで,スロープを一人で上っていき,エレベーターで降りることを繰り返しました。スロープを上る際には,自分の足元を見ながら「こうかな?」というように脚を出していました。また,スロープから,体育館が見え,友だちが体育祭の練習をしているところを眺めながら,「みんなもがんばっているなぁ~」という表情をしていました。


P.C.W.は,両手でバーを持ち,上体を固めることで,姿勢を起こしながら歩くことができます。
車輪(コマ)が後ろに回らない構造となっているため,両手がふさがるようになりますが,
移動のためには便利なツールです。小学校に在籍する肢体不自由のある子どもは,このP.C.W.をよく使用して移動しています。


みんなもがんばっているな~「先生,みつけた~!」

歩行器全般に言えることですが,両足だけで立つよりも両足及び歩行器の4輪も用いて立つようになるため,しっかりと立つことができ,姿勢が安定します。ちょっと難しい言葉ですが,「支持基底面」が広くなります。支持基底面とは,重さを支えている面のことで,接地している部分をつなぎ合わせた面積で表わされます。
支持基底面が広がると,姿勢が安定するので,人や物もしっかりと見ることができます。
しっかりと人や物を見ることは,興味や関心を広げることにつながり,課題にも集中することができます。


学校卒業後の自立と社会参加をめざして,一人でできることを少しずつ増やしていきましょうね。


P.C.W.について 「P.C.W.は,ポスチャー・コントロール・ウォーカーの略で,
安定した直立姿勢を保ちやすく,自然な歩行姿勢へと促す構造です。
体の真横に支持バーがあるため,体重が前方にかたよることなく体幹の伸展が得られ,
肩甲骨や上肢の位置も改善されます。従来の歩行器で見られる体幹の前傾や下肢の屈曲などを防止します。」「」内は,パシフイックサプライ株式会社のHPからの引用です。


16:52